東京六大学といのは確かスポーツのくくりでそのように言っているだけで、大学のレベルが同じくらいだからという理由でそのように言ってはいないのですが、どうも、多くの私立文系の六大学に入っている学生はことあるごとにそのようなことを言う大学の学生もいます。
東京大学、早稲田、慶応義塾の学生は自分の在籍している大学の名前をいいますが、それ以外の大学の場合そのようでないのです。大学のレベルと東京大学とそれ以外というグループと早稲田、慶応義塾とそれ以外に分けることができます。ですから、何かあると「六大学だから。」という人というのは東大、早稲田、慶応義塾の在学生、OB、OGではなくそれ以外です。
それに、大企業に入社したいと思っている人は「六大学」のどこかに文系でも大企業にもぐりこめると思いこんでいる人もいるようですが企業が欲しいのはやっぱり優秀な人材だけなので、いくら「六大学」といえども難しいのです。
ただし、理系の場合ですと容易いです。