突然アップルパイが食べたくなりました。
実家にいた頃は姉がよく時間のあるときにパイ生地をこねて、リンゴを煮たのを載せてアツアツのアップルパイを作ってくれました。
今は一人暮らしなので、自分で作るしかないのですが…。

お店でもアップルパイは売っていますが、甘すぎてイマイチなのです。
アツアツで、しかも手作りで、となると希望通りのアップルパイは自分で作るしかないのかなあ、という事で久しぶりに手作りパイに挑戦してみました。

まず材料の買い出しからですが、強力粉と小麦粉、あとバターが必要で、リンゴは自宅にたくさんあるのでそれを使うことにしました。
買い出し後、さっそくキッチンに立ち材料をこねましたが、意外と気を使うものだなと実感しました。
バターですが、1センチ角に切ったものを出来るだけ形を残して粉と混ぜるようにするのです。
このバターの残り具合がパイ生地のふんわり感を出してくれるそうです。

格闘すること2時間ですが、美味しいアップルパイが出来上がりました!
でも姉の作るアップルパイのほうが美味しいかも…。ミュゼ 300円 キャンペーン 予約