私は以前からコーヒーを好んで飲むタイプではありませんでしたが、カフェでのアルバイトをきっかけに、コーヒーを美味しいと感じられるようになりました。
しかし、アイスコーヒーは飲めるんですが、ホットコーヒーですと、なぜかあまり美味しいと感じられません。
どうしてなのかと疑問に思って調べてみると、納得する理由がわかったのです。
カフェでアルバイトするまでは知らなかったんですが、ホットとアイスのコーヒーでは焙煎方法に違いが出るために、コーヒー豆も違うものを使用しているのです。
また、アイスコーヒーだと、温度が低いために酸味を強く感じるため、逆に苦味は感じにくいのです。
その苦味が好きな人はホットをチョイスするのでしょうが、苦味があまり得意ではない私にとって、アイスコーヒーは丁度良いものだったのかもしれません。
ただ、ホットコーヒーの香りは漂ってくるととても心地の良いもので、やはり飲みたくなるものですよね。
早く味覚が大人になって、ホットコーヒーも楽しみたいなと思います。ミュゼ VIO